子供が「自発的」に取り組む為の両親の接し方

英語はじめるなら今!子供の【英語・英会話オススメ学習法!】

 

子供は小さいうちは何に対しても飲み込みが早く、幼児教育についても色々なものにチャレンジさせてあげたいと思う親御さんも多いのではないでしょうか。
ですが、子供は飽きっぽかったりと、幼児教育の一環として習い事を始めても、なかなか続かなかったり、積極的に取り組んでくれなかったりとお悩みも多いのではないでしょうか。
だからといって、子供自身がやりたくないことを、無理にやらせたりすると、子供の反発心を刺激してしまって、習い事に行きたくないとか、嫌いになったりと逆効果になってしまいます。
では、そんな時は親の私たちはどのように接したら、子供たちは自発的に取り組むようになるのでしょうか?

 

「やる前」よりも「やった後」にたくさん会話をする

子供が自発的に習い事に取り組めるようにするために重要なことは、習い事の前ではなく、後の会話です。
お子さんに「今日のレッスンはどうだった?」と、レッスンの後に、その日のレッスンの内容について興味を持って話をしましょう。
子供は、自分のやっていることに対して、ママやパパが興味を持っていることに喜びや嬉しさを感じます。
また、子供がママやパパに説明をすることで自分がやった学習内容を再確認することもできます。
さらに、会話の中で「難しい事やってるね!」、「すごい!」と褒めてあげるようにしてください。
子供は褒められることでやる気につながりますし、もっと頑張ろうという向上心にも繋がります。そして、「頑張ったもんね」とこのプロセスも含めて評価をしてあげるのが大切なポイントです。
このようにすることによって、子供は自発的に努力をするようになるのです。

 

 

幼児教育においても目標を立てることは非常に重要なことです。
子供も大人と同じです。ゴールが見えなかったり、目指すものがわからないものに対しては、自発的な意欲が湧きません。
習い事に目標を立てることによって、具体的な行動にうつしやすくなり、またその目標を達成するためにはどうしたらいいのかも想像しやすくなります。

 

そして、ここでポイントとなるのが、目標は子供自身に考えさせることです。
子供が自分で目標を立てると、その目標を達成した時の喜びや達成感が増します。また、その目標に対しても責任感が生まれます。
お子さんがまだ自分で上手に目標を立てられないような場合は、「これができたら次はこれができるんじゃないかな?」という具合に、道筋を示して、目標を立てやすくアドバイスをしてあげましょう。

 

ごほうび作戦はダメ!

よくご褒美をあげて、子供に習い事をさせようと試みたり、テストの点数をあげようとしたりする親御さんがいますが、この方法には注意が必要です。
ご褒美で頑張らせるというのは、一見、子供のモチベーションがあがっているようにも見えますが、そこには大きな落とし穴があるんです。
子供の心は「自発的なやる気」と「外的なやる気」(ご褒美)が争っている状態になってしまいます。そんな時に親御さんの方から進んで、外的なやる気を提示してしまうと、自発的なやる気が抑えられてしまうのです。
さらに、目標を達成した時に、「達成できた!」という喜びが、「ご褒美がもらえる!」という喜びに変わってしまいます。なので、結果的にご褒美なしでは何もやる気の起きない子供になってしまう可能性があるのです。

 

このよに、お子さんが何事にも積極的に自発的に取り組み、その楽しさや大変さを理解し、成長をしていくためには、親御さんの接し方がとても重要です。
お子さんの習い事が有意義なものになるように、今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。


オススメの子供向けオンライン英会話

キッズアイランド Hanaso Kids

★キッズアイランド★

>>体験レッスンはこちらから<<

★Hanaso kids★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<

リップルキッズパーク DMM英会話

★リップルキッズパーク★

>>無料体験レッスンはこちらから<<

★キッズ対応!DMM英会話★

>>2回の無料体験レッスンはこちらから<<


ホーム RSS購読 サイトマップ
オンライン英会話とは? キッズアイランド Hanaso Kids リップルキッズパーク DMM英会話